病気リスクの減少

母乳のメリットは、母親の体に良い影響がある点です。出産後、子宮は急速に元の大きさに戻ろうとします。その時に授乳を続けることで、その刺激が子宮に届いて、もとに戻す力が倍増します。ということは、産後の体によいとされています。

たいてい産後は、授乳を中心として、ほぼ24時間新生児に付きっきりの生活になります。乳母やお手伝いさんがいらっしゃる方以外は、母親がすべてを行うことになります。その時に少しでも産後の体が元通りになっていることが理想です。妊娠期間に乳首のマッサージなどをすると子宮が収縮すると言われています。産後にはその効果が体に良いということになります。

また、乳がんリスクの減少もある可能性も指摘されています。乳がんにならないというのではなく、データ的に授乳を経験した女性の乳がん率が授乳をしていない女性と比較して低いという数字です。出産そのものリスクが低くなると言われています。

もともと子供を産むために造られた女性の体、また授乳をするための胸があるので本来の仕事をしただけに過ぎないことですが、乳がんリスク減少というのは、注目すべきことと言えるでしょう。

同時に、高血圧症にかかるリスクも低くなるデータもあり、その原因は解明されていないものの、女性として出産と授乳を経験することは、母親の健康に影響があるということが言えるでしょう。