デメリットもあり

母乳で赤ちゃんを育てる事は、母子関係に大きな影響があります。栄養の点から行くと完璧と言える母乳は、新生児にとって必要な物をすべて含まれています。母乳で育てる方は、約半年間はそれだけで大きくすることができます。

免疫の点でも、赤ちゃんのための予防接種と例えることができるもので、たくさんの免疫力を、母乳を通じて与えることができます。哺乳瓶と違い、あごに力を入れて乳首を吸わなければならないとされています。力の弱い赤ちゃんは、授乳中に疲れてしまうこともあるくらい重労働ですが、それもあごの発達を助け、成長を促進し、脳の発達に良いとされています。

しかし、反面デメリットもゼロではありません。それはすべての母親が十分な母乳を与えることができない事実です。赤ちゃんの成長が早いのもそうですが、体質的に母乳が出ない方も存在します。

最初の3ヶ月くらいは24時間の授乳が続きます。仕事をしている、体力に自信がない母親などに関しては、母乳を与えることができない場合もあります。出ない母乳でストレスに感じられることもあります。母乳育児でストレスを感じたり、精神的な負い目を感じる、大変な精神状態での育児に耐え切れない等、育児そのものができないとされる場合もあります。

ミルクでも十分に大きくすることができるのだからと肩の荷が下りることもあり、母乳神話に囚われることがありませんように。メリットも大きいですが、母親によってはデメリットにしか感じられないという場合は、母乳にこだわらなくても良いでしょう。