母乳育児が不可能

最近は、出産後すぐに仕事に復帰される方も少なく無いです。そのような方にとって、母乳育児は大きな痛手になることがあります。3時間ごとの授乳ができない、そして母親がいつも赤ちゃんのそばにいることができないことから、どうしても母乳を与えることができない環境になってしまうこともあります。

搾乳をして、冷凍保存をしたものを解凍して与えている方も少なくないです。これで完全母乳育児をしている方もいらっしゃいますが、ミルクを与えることができれば楽に暮らせると思っているケースもあります。

病弱だったり、服用しなければならない薬がある母親等、母乳育児ができない方もいらっしゃいます。栄養や赤ちゃんのために良いと分かっていても、それを実際の生活で活かすことができない場合、母乳神話ができないことで落ち込むことはありません。できる限り可能な母乳育児をしていくこと、できない時には仕方がないと思うのも大切です。

出産後の母親の体調や母乳の出方を確認しつつ、母乳育児を考えるのも一つの手ですし、最初から母乳ではなくミルクで育てたい方も存在します。その理由の一つとして、授乳後の胸の形が悪くなってしまうのは嫌という方もいます。これも母乳育児をしたくないということになるでしょう。